茨城県社会福祉士会 県南ブロックのホームページにようこそ!

国家試験対策

国家試験対策

現役学生の皆さんへ

まずは講義をしっかり聞かれることをお勧めします。
講義で聞いて印象に残ったことなどは結構頭の片隅にでも覚えているものです。
過去問題を解いたり、模擬試験を受けたり、テキストで勉強したり、受験対策講座を受けたりももちろん大切ですが、仲間で集まって勉強会を開くのも良いかもしれません。
目からの情報に加え、耳からの情報もあると頭に入りやすいですよ。
一人ひとり適した勉強方法は違うので、自分に合った勉強方法をみつけてくださいね!

仕事をしながら取得を目指す皆さんへ

テキストや過去問題などを利用して独学で勉強する方法もありますが、なかなか1人での学習は大変なので、通信講座などを活用するのも良いかもしれません。
近くに受験する仲間がいれば、休みの日などに勉強会を持つのも良いと思います。
意見交換をしたり、聞いたり教えたりすることで結構頭に残りますよ。
模擬試験なども活用していきましょう!

過去問題について

過去問題を繰り返しこなしたり、関連することを調べてみたりするのもとても良い勉強になります。
でも、法律や制度は日々改正されていますので、現在と内容が異なっている場合もあります。
過去問題で勉強するときには、改正点もしっかりチェックしていくようにしましょう!

試験科目

  • 人体の構造と機能及び疾病
  • 心理学理論と心理的支援
  • 社会理論と社会システム
  • 現代社会と福祉
  • 地域福祉の理論と方法
  • 福祉行財政と福祉計画
  • 社会保障
  • 低所得者に対する支援と生活保護制度
  • 保健医療サービス
  • 権利擁護と成年後見制度
  • 社会調査の基礎
  • 相談援助の基盤と専門職
  • 相談援助の理論と方法
  • 福祉サービスの組織と経営
  • 高齢者に対する支援と介護保険制度
  • 障害者に対する支援と障害者自立支援制度
  • 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
  • 就労支援サービス
  • 更生保護制度

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional